住宅ローン借り換えで失敗をする事がある?

住宅ローンは支払総額で考えると、借り換えをした方がはるかに得になる、という事は多々あります。とくにある程度前にローンを組んだ人などは、金利が現在とかなり違いますし、借り換えをしたいと思う人もかなり多いのではないでしょうか?そんなメリットが多いと思われる住宅ローンの借り換えですが、実は失敗をする事もあるのです。

住宅ローンの借り換えをするときに、一番重要なのはやはり金利になります。一般的に金利は1%違うと、支払総額にかなり違いが出てきて借り換えをする十分な理由となります。しかし1%だからとすぐに、借り換えを本格的に考えるのは少し早いと言えます。1000万円以下などのローン残高の場合などは、1%以上の金利の違いがあったとしても、10年程度で30万円から60万円程度の負担軽減にしかならないのです。

このように言うと、60万円くらい負担が軽くなるのならばいいんじゃないかな?と思われるかもしれません。しかし、借り換えには実は費用がかかります。さまざまな登記関連の費用や、保証料、繰り上げ返済のための費用など、金融機関によって若干の違いがあるかもしれませんが、ある程度の費用がかかるのです。住宅の価格によっても変わってきますが、大体その諸費用の総額は20万円程度から100万円程度くらいと、60万円程度の軽減ならばあっさりと相殺されてしまう可能性もあるのです。

こういったことから、住宅ローン借り換えも必ずしもメリットだらけではなく、失敗をする事があるという事も忘れてはいけません。事前の相談、シュミレーションは怠らないようにしましょう!

住宅ローン借り換えする時期

住宅ローンを借り換えしたいと思っている場合、どういった時期がちょうど良いタイミングなのか、悩みどころではないでしょうか?基本的に住宅ローンを借り換えをするという事は、その借り換えによってメリットがなければ意味がありません。

そういった観点からいうと、まず住宅ローンの残りの返済期間が10年以上はあるということ、そして新しく組むローンとの金利の差が1%はあるということ、そして1000万円以上のローン返済が残っているという事がまず借り換えの条件として挙げられています。これ以下になると、メリットが感じられない、もしくは損をしてしまうという事もあるからです。時期としては、これらの条件を満たしている時期と言うのがまず第一条件と言えるのではないでしょうか。

そしてさらに、借り換えを真剣に検討し始めた時というのが、実はそのちょうど良い時期かもしれません。借り換えはきちんと計画を練って行わないと、損をしてしまったりもしますし、きちんとメリットが出せなかったりしますので、夫婦、親子などで話し合いをもち、きちんと検討出来ない場合は、あまりしない方が良い時期と言えるかと思います。そして、夫婦や親子などが、あまりに忙しいような時期は、法務局や役所、銀行等に行く時間をとるのも難しいと言う事になりかねませんので、繁忙期、病気、出産などが関わっている時期は避けるようにしましょう。

また、年単位で転職の計画を立てている場合は、その前にローン計画などを安定させておく方が良いと言えるのではないでしょうか。

住宅ローンの借り換えにシミュレーションは必要?

住宅ローンの借り換えにシミュレーションは必要なのでしょうか。まず、住宅ローンの特徴を考えてみましょう。一般的にローンは早く返す方が利息に払う金額が少なくなり、支払総額は減る事になります。そういった事から、早く払えるなら早く払ってしまうのが、一番の節約方法と言えるでしょう。

一方、返済期間は長くした方が、月々の返済額が少なくなり生活への負担は軽減します。その為、子供がたくさんいたり、また転職や、失職などによって収入が安定しない可能性がある場合などは、月々の返済額を少なくして対応していく事が良いと言えます。しかし、このように文章で書いてみても、やはり自分の住宅ローンの金額、金利、そしてタイプなど合致すると言う事はありませんし、具体的な数字を見る事もできません。

そういった事から、やはり住宅ローンの借り換えにおいて、シミュレーションは必要と言えるのではないでしょうか?いまはどういった銀行でもかなりの所が、インターネットからシミュレーションを出来るようにしてあるようです。残高から試算ができたり、返済額から試算ができたりします。さらには、現在の貸し入れ状況を基にして、借り換えによるメリットを試算してくれるというツールまであるのです。

そしてさらにすごいのは、そういったシミュレーションからそのまま仮審査の申し込みができるというサイトもあります。ですので、一度ちゃんと利用をしてみて、自分で分かる範囲で数字で見てみるのが重要ではないでしょうか?

住宅ローン借り換えで損しないようにするには?

住宅ローン借り換えは、いまは色々な人が当たり前のように取り入れている大きな節約術の一つといっても良いかもしれません。

上手く行くと、支払総額は大幅に減らせてとてもお得な住宅ローン借り換えですが、損をすることもあるのです。確実にメリットを受け、損をしないようにするのは、色々なポイントを抑えなければなりません。

続きはこちら

住宅ローンの借り換えを行う上で、変動金利にするメリットとデメリット

住宅ローンの借り換えを行おうと考えるときに、まず悩むのが変動金利のローンにするか、固定金利のローンにするかではないでしょうか?

そこで変動金利ローンを選んだ際のメリットと、デメリットについて考えていきましょう。そもそも変動金利というのは、金融情勢に合わせて、1年の間に2回金利の見直しが行われるという制度になります。

続きはこちら

住宅ローンの借り換えを行う上で、固定金利にするメリットとデメリット

住宅ローンの借り換えを行う上で、固定金利にするという人も多いかと思いますよね。そこで固定金利のメリット、デメリットを挙げていきましょう。

固定金利は、変動金利に比べて格別安いという事もないかと思いますが、やはりその金融情勢に応じて1年に2回変わると言った事もないという点は大きな魅力と言えます。

続きはこちら

住宅ローン借り換えに転職した情報は不利になる?

住宅ローンなどを組む際、そして借り換えを行う際に良く言われるのが、転職についてではないでしょうか。転職をしたという情報は不利になると、常々言われているかと思います。

一般的に住宅ローンの借り換えというと、一度厳しいローンの審査に通っているのだから、かなり通りやすいだろうと思っている方が多いのではないでしょうか。

ところが実際は、それが案外そうでもないようです。

続きはこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: